オランダからブルージュへ小旅行②(マルクト広場&鐘楼)

<<ブルージュ小旅行2日目-Part1>>

2016年3月25日

昨日の雨の天気とは打って変わり2日目は絶好の青空が広がりました。朝は少し雨模様だったので鐘楼に登る前に先に美術館に行くことにしました!訪れた美術館は”Sint-Janshospitaal(Saint John’s Hospital)”

brugge

Sint-Janshospitaal 入り口。 ヨーロッパで最も古い病院の建物の1つです。

ホスピタル(病院)という名の通り昔は病人をはじめ巡礼者や旅行者のケアをする施設だったそうです。800年もの間、修道女によって教会だけではなく診療所としての働きをしていました。食べ物や寝る場所を必要としている人は誰でも受け入れ可能でした。

img_2655.jpg

img_3135.jpg

美術館内には当時使用された家具、銀細工、医療機器、聖遺物箱、文書が残っており、それらの展示はこの病院内で行われた800年の修道女による治療やケアの歴史を反映しています。他にも聖書に関する絵画が多数展示されておりました。

建物の2階では魔女に関する特設展が開催されておりました。邪悪な雰囲気を醸し出すために室内は暗くなっており、電気ろうそくでパンフレットを読みながら進んでいきました。16〜17世紀あたりのヨーロッパでは魔女という存在は信じて恐れられておりました。

img_2666.jpg

魔女特設展での魔女に関する写真

魔女の帽子や箒などのアイテムで魔女にドレスアップして写真撮影のコーナーや、大きなスクリーンで魔女の箒で空を散歩してみようという体感(子供向け)できるスペースもありました。

<美術館の基本情報>

住所: Mariastraat 38, 8000 Brugge

営業時間:火曜ー日曜日 9時30分〜17時/月曜日ー定休日

料金: 大人;€8.00/ 子供(12歳以下);無料/ 26歳以下&65歳以上:€6.00


美術館を後にし、本日の大本命のブルージュのシンボルでもあるBelfort(鐘楼)があるGrote Markt(マルクト広場)へ向かいます。

マルクト広場は古都ブルージュの町の中心であり、中世の頃は馬上の試合や宗教行事、さらには死刑執行も行われていた場所でした。現在ではこの広場では朝から晩まで観光客で賑わっており、ギルドハウスのお洒落なカフェやレストランが立ち並んでいます。毎水曜の朝に市が立つのもなんと1000年以上続く伝統です。

img_2723.jpg

観光馬車もこの広場から出発しており、馬のひずめの音が優雅に響き渡ります。

そしてマルクト広場で一際目立つ建物がこちらのProvinciaal Hof(州庁舎)破壊や火災によって何度か立て替えられ、1920年にネオゴシック様式の現在の建物として完成しました。

DSCF9072

イースターホリデーの為、マルクト広場では子ども向けの遊具やフードスタンドが特設されておりました。

brugge

一日中観光客で賑わう街の中心「マルクト広場」

実在した町の二人の英雄、知性派のピーター・ド・コニングと肉体派のヤン・ブレーデルの像がフランスの方角を睨むように勇ましく建っています。昔この二人がブルージュ市民を率いて,フランスの圧政に立ち向かったそうです。

DSCF9067

マルクト広場を見下ろすように聳え立つのがBelfort(鐘楼)

13世紀から15世紀にかけて建設され、塔の高さは8塔の高さは88mあり1999年ユネスコの世界遺産として認識されています。こちらの塔は登ることも可能です。2階には博物館があり中世の宝物が展示されております。

img_2715.jpg

街のシンボルタワーBelfort

昨夜見た鐘楼のライトアップも綺麗でしたが、昼間に見るタワーも青空に映えて綺麗です!細部まで作り込まれて思わず見とれてしまう程の美しさです。

DSCF9054_1

私たちが行った時には塔の入り口にはすでに観光客の列ができていましたが、20分ぐらい並びチケットを購入してすぐに登ることができました。チケットカウンターの横にチケットを読み取らせてたら通れる改札を設置して人数制限をしており、塔から人が降りてきたら、降りてきた人数やっと改札を通過できる仕組みになっていました。(階段は狭いので大混雑を起こさない為ですね)

また階段を上っていると途中で、鐘の構造を見れる場所(休憩所)もあります。オルゴールの仕組みを表現しているようなドラム式の自動演奏ができる鐘の構造となっています。

Belfort

内部は螺旋階段が366段あり、頂上に近づくにつれて螺旋階段は徐々に狭くなっていく造りになっています。頂上付近になってくるとだんだん道幅が細く階段の足場も狭く急になってきます。降りる人、登る人お互いに譲り合いながら登っていきます。

さらに天気もよかったので汗ばんできます。体力には自信がある方なのに最後は息切れ状態でしたが、頂上から眺める景色はそれ程の価値があるほどの美しさでした!!

それでは塔からの美しい眺めをどうぞご覧下さい〜!!

img_2706.jpg

鐘楼からの眺め

塔の上からの景色は大変美しく、町の中を行き交う通りも眺められ、中世から残されている町並みが遠くまで見れます。本当に素晴らしい絶景です!建物の色の統一されており綺麗です!

img_2702.jpg

塔からのブルク広場方面の眺め

街並みが美しいのでどこを写しても絵になります。写真を思う存分撮った後はしばらく美しい長めに酔いしれていました。

img_2699.jpg

塔の頂上から見る聖母教会(左)と聖救世主大聖堂 (左)

img_2709.jpg

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク