私の効果的なオランダ語学習法

「Hoi, Hiromooiです!!」

実際にオランダに住んで2ヶ月経った私の現在のオランダ語学習方法を5つを紹介したいと思います。

1、Duolingo(デュオリンゴ)

外国語を無料で学習できるサイト。世界で一番ダウンドーロされているアプリとも言われております。ひたすら問題に答えて全クリアを目指していくというゲーム感覚で取り組めます。挨拶、衣服、数、天気・・・等といった1つ1つのレッスン項目に分かれており、各項目、単語の意味を答える問題、音声を聞いて入力する問題、文章を訳する問題があります。同じ問題を何度も繰り返して学習していくので、嫌でも自然と覚えていきます。基本的な単語や文法を覚えるのには本当に優れたサイトです。

日本にいる時からこのサイトで学習していますが、これで私はベーシックな単語と文法を理解できるようになり、幼児向けのミッフィーの絵本は読めるようになりました。

Duolingoの学習について詳しくはこちら

2、それでも覚えきれてない単語を付箋に書いて、部屋中の物に貼り付ける。

Duolimgoを一通り学習しても、人間の脳ミソに全てを入れ込むのは当然不可能!!よくある覚えたい単語を付箋に書いて、部屋中のありとあらゆる物に貼って自然と目に入れて覚えていく方法です。付箋にカーテン、窓、アイロン、寝室、蛍光灯、机、ブーツ等をオランダ語で書いて貼ってあります。こうすることで覚えた単語もあるので多少の効果はあります。

3、覚えた簡単な文法をなるべく口に出して喋る。

Duolingoで続けて黙々と学習していても、リーディングとライティング能力は養われていきますがスピーキング能力はやっぱり口に出さないと養われません。文章を見た時にパッと読めて理解は出来ても、いざ文章を見ずに口に出すとなると一瞬頭が文法を考えてしまう。文章を読んで書けても、話せないと意味がない。

そこでよく使う表現、簡単な表現を紙に書き並べてテーブルに貼ってあります。そして食事中などの会話で出来るだけ使えるものから使っていくようにしています。

4、好きなオランダ語の歌を聞く。

音楽が好きなので日頃から、オランダ語の歌が流れるラジオをよく聞いています。

バラードなどゆったりとした曲調やこの曲はなら歌えそう等といった曲を厳選しては、曲名と歌手名を控えてYouTubeで曲を何度も聞きながら歌詞を紙に書き出します。

歌詞の意味を調べて、オランダ語と歌詞の内容を理解し、口に出して歌う練習をする。私は音痴ですがそんなことはさておき、ここでのポイントは’3つ目のポイントの覚えた簡単な文法を口に出して喋る’でも述べましたが、オランダ語を聞いて理解して口に出すことです。

自分が分からないオランダ語をただ聞いているのでは意味がありません。オランダ語のニュース聞いても話すスピードも速い上に、難しい単語を使っているのでちんぷんかんぷんです。なのでニュースでオランダ語を勉強するのはまだ早い段階です。オランダ語の子供向けのアニメを探したりもしていますが、自分の好きな音楽を聞きながらの学習が今は自分には合っています。

5、オランダ語で簡単な日記を書く。

私は昔から英語で日記をかいていますが、書く上で一言でもいいのでオランダ語で書くようにしています。日記を全部オランダ語で書くのは最初はハードルが高いですが、Duolingoで習った表現を使って書いたり、オランダ語で何と書けばいいのかHyottokoに教えてもらったりして書いています。

オランダ語の文法って英語と一緒かと思っていたら、似ている部分もあれば急に主語と動詞が入れかないといけなかったりします。

「何でこうなるの!?」と思ってしまうことがしばしばありますが、理屈では説明できません。こういう物だとそのまんま覚えてしまった方が良い場合もあります。

たった一文でもいいのでオランダ語で書くことで身につきます。一日一文も積み重ねることが大切です。

オランダ語はオランダ以外では、ベルギーの北部、スリナム(南米)で話されている言語です。

オランダ語の最大の難関といえば、日本人には馴染みのない発音だと思います。

喉の奥から息を吐き出す摩擦音、英語以上に表現の難しい音ばかりですが、こればかりは習うより慣れるしかないですね。
こちらの日本で買った「旅の指差し会話帳オランダ語」も簡単な表現をイラストを交えて学ぶことが出来るので役立っております!

<その他オランダ語学習書>



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク