オランダで見つけた「Heide(ハイデ)」

たまに自転車で通る森の道。何もない森の中に、薄紫色の花が広がっている所を発見!遠目で見るとまるでラベンダー畑が広がっているように見えます!気になりつつもいつもは通り過ぎるだけでしたが、ちょっと足を止めて荒野を散策してみました。

この紫色の花は日本では「エリカ」と言うそうです。エリカはツツジ科の植物属のひとつで、アフリカやヨーロッパに分布する常緑性の樹木のようです。

ヨーロッパではこのヒースは荒野に多く咲くので、イギリスでは荒野を意味する「Heath(ヒース)」、ドイツでは「Heide(ハイデ)」と呼ばれています。

Heath(ヒース)は本来はイギリス北部やアイルランドの農耕に不向きな荒地や、そこに咲く草花を意味しています。

つまりはこの花もハイデであり、この花が咲いている一帯もハイデと呼ばれる事になるのわけです。

小ぶりな花が可愛い。葉は尖った形をしています。樹高も意外と高くて腰や胸の位置までありました(だいたい50cm〜1mぐらい)。小さなお花ですが、間近で密集して咲いているのを華やかな印象!

花言葉は「孤独」「寂しさ」

少し寂しさ漂う花言葉ですが由来は英名のHeath(ヒース)からきています。農耕に不向きな荒地は誰も近寄らず、孤独で寂しいイメージがあります。

綺麗な花が咲きほこっているけれど、実はここは不毛地帯。

花言葉を知ると、森の中の咲くハイデにどことなく寂しさを感じます。

誰もいない・・・孤独。

花が咲き終わると更に荒地と化して、孤独感が増しそうな所。まさに1人きりになりたい時にはぴったりの場所!

ひっそりとした荒野ですが、ウォーキングやサイクリングロードの通り道なので、花が咲いているこの時期は天気が良いと足を止めてHeide間近で鑑賞している人もチラホラ見かけます。

エリカには700種類以上の種があり、花の形や花の色も様々のようです。開花時期も種類によって異なるようですが、この辺りは7、8月が綺麗に咲いていました。

乾いた荒地に生息するエリカ、ヒース、ハイデ。

オランダで1人になりたい時は哀愁漂う雰囲気を求めて、ハイデまでサイクリングするのも良いかもしれません。



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク