ゴーダのチーズ市(Kaasmarkt in Gouda)

オランダと言えばチーズ!!

ゴーダチーズはオランダのチーズ生産量の60%を占める人気のチーズです。

ゴーダのチーズ市は、オランダに今でも残る数少ない本物のチーズ市のひとつで、市庁舎の建つマルクト広場で、4月〜8月の毎週木曜の10時〜13時に開催されます(キリスト昇天祭の日を除く)。

実際にゴーダのチーズ市に行ってきました!

img_4787.jpg

駅からマルクト広場までの道のり。街中がチーズ!

マルクト広場前へ行くと、大勢の人が集まっていました。

朝10時、市庁舎から鐘の音が響き渡ると、チーズ市の開始の合図です。

img_4592.jpg

市庁舎前に並べられたチーズ

ベレー帽子に木靴を履いた生産者と白衣を着た販売業者との間での取引が開始です。

img_4588.jpg

互いの手の平を何度もパンパンと弾くように叩き合い、そして最後には硬く握手をしています。チーズの値段交渉が成立したら握手を交わすという昔ながらの方法を再現しているようです。

木靴を履いて、民族衣装を着たお姉さんと記念撮影も出来ちゃいます。観光客に大人気でした!

チーズの競りと観客を分ける柵もとくにないので、邪魔にならない程度に中へ自由に入ることも可能です。

今では、手の平を叩き合いながらの値段交渉も観光客の為にやっているようで、パフォーマンスの一環として売人と仲介人の値段交渉のやりとりの会話もマイクで放送されており、そのやりとりも聞くことが出来ます。

img_4784.jpg

マイクがチーズの形!

そして、取引が終了すると馬車にチーズが運ばれていきます。

市庁舎の向かい側に建つのが、1668年に建てられた「チーズ計量所」。昔はチーズ計量所でしたが、現在は観光案内所、お土産ショップ、2階はチーズ博物館となっています。

img_4585.jpg

中には昔ながらのチーズ計量器があります。

img_4789.jpg

チーズ市の周辺ではマーケットも開催されており、チーズだけでなく、野菜や果物、衣類品、お花など色んなお店が出ていました。

img_4597-1.jpg

美味しそうなチーズ!

チーズ作りの実演もしていました。

img_4598.jpg

ゴーダチーズはマイルドでちょうどいい塩気があって食べやすく、お酒のおつまみやサンドイッチに挟んだり、サラダに入れたりと色んな料理に使え、マスタードやハーブ風味と言った種類も豊富です。

またゴーダはチーズ以外にもオランダを代表するお菓子「ストロープワッフル」の発祥地でもあり、いくつかのストロープワッフルのお店もあります。焼きたてのストロープワッフルは、外はサクサク、中はキャラメルシロップが温かく程よく溶けており、格別の味でとても美味しいです!

img_4610.jpg

そしてマルクト広場で出会った2人組!!

サンドイッチマンならぬ・・・「ストロープワッフル・ガールズ」

こちらも観光客に大人気でした。

img_4608.jpg

アクルマールのチーズ市とは一味違う雰囲気のチーズ市。規模は小さいですが、手の平を叩き合いながらの値段交渉も見ものです。

ぜひぜひ本場のゴーダチーズとストロープワッフルを味わってみて下さい!


「ゴーダチーズ市」公式HPは→こちら

チーズマーケットや街の様子の動画です↓↓

開催日:2016年4月7日〜8月25日の毎週木曜の10時〜13時
アクセス:電車でハーグ、ユトレヒトから20分、アムステルダムから1時間

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする