チューリップで有名なキューケンホフ公園に行ってきました!

ずっと憧れていたキューケンホフ公園に実際に行ってきました!

ー2016年4月20日 晴天ー

キューケンホフ公園まではスキポール空港からの直通バスで行ってきました。

空港のバス停でも多くの人で混雑していましたがバスも数台出ており、また公園周辺の道路の渋滞もなく30分もかからずに公園に到着できました。帰りのバスも待つ事なく、すんなり乗れました。

キューケンホフ公園の周辺は球根業者の栽培地であり、バスの車窓からもチューリップ畑を見ることができます。車で来た祭は、公園近郊も訪れてみるのもオススメです!

絶好のお出かけ日和です。キューケンホフ公園には大勢の観光客が押し寄せておりました。

img_3377.jpg

期間中は毎年80〜90万人以上の人が訪れるという事なので、この混雑も納得です。

私が行ったのは平日のお昼ですが、週末はこれ以上に混雑すると思いますので、時間に余裕を持って出かけるのがベストです!

<キューケンホフ公園内MAP>

map_of_keukenhof_park_2016.jpg__3308x2339_q85_crop_upscale

園内の歩道は総長15kmあるそうです。

園内は想像以上の大きさで、たくさんのお花で溢れておりました。エントランス周辺は激混みでしたが、敷地内は広大で人は散らばるのでゆっくり鑑賞できます。

img_3403.jpg

広大な敷地内のどこを歩いても目にする綺麗なお花の数と種類に、ただただ圧倒されてしまいます。

img_3387.jpg

お花ももちろん素敵ですが、園内に茂っている木々や緑色の芝生も青々しくてとっても綺麗です!

所々の芝生は足を踏み入れない様にと言う注意書きもあるので、写真を撮る際は気をつける必要があります!

img_3411.jpg

そしてキューケンホフ公園の2016年のテーマは「Golden Age(黄金時代)」です。

メインは花のモザイク画で、チューリップやムスカリなど、10万本もの花で運河沿いの家並みと船が描かれています。

美しい〜♡

img_3558.jpg

出典:https://twitter.com/visitkeukenhof

園内には“Oranje Nassau”/ “Beatrix”/”Willem-Alexander”/ “Juliana-Tulpomania”4つのオランダ王家の名前にちなんだ屋内パビリンオンがあります。そこでは展示ショーやイベントが行われております。

Oranje Nassau”では水仙の切り花の展示や黄金時代というテーマに沿った展示が施されておりました。。

img_3565.jpg

テーマに沿ったアレンジメント

”Beatrix” 

パビリオン内に入ると甘い香りが〜。

img_3436.jpg

ゴージャスな蘭の展示で埋め尽くされていました。

img_3449.jpg

ジーンズとのアレンジが可愛い!

“Willem-Alexander” 

このパビリオンではチューリップ、ユリ、アジサイなどの色んなお花が室内で育てられています。

img_3477.jpg

日本では見たことのない色や形のチューリップが盛りだくさんで、いくら写真を撮っても足りないほどです。

img_3564.jpg

模様も様々〜!全部チューリップです!

各パビリンオンでは、様々な花の鉢植えやアレンジメントの展示が行われております。天候が変わりやすいオランダなので、 雨が降った時も屋内パビリオンで多くのお花を鑑賞できます。

また園内には数カ所レストランやカフェもあり、所々でクロケットなどの軽食も販売しております。芝生の上でピクニックや、横になって日向ぼっこを楽しんでいる人も大勢いました。

img_3415.jpg

子供向けの遊具や小さな動物園、迷路もあり家族で楽しむことも出来ます。

またボートツアーやサイクリング等のアクティビティーも満載です。オランダの風情を感じれる風車もあり、無料で登ることが出来ます。多くの人が風車の周りに集まっていると思ったら、ここからボートツアーが出発している様です!

img_3425.jpg

大人気の風車

まだ蕾のチューリップもたくさんあり全てのお花が満開というわけではありませんでしたが、公園内のガーデニングのレイアウトやデザインは大変素晴らしいもので見応え充分でした。1本1本のお花が綺麗だから、素敵なお花畑が出来上がるんですね。

img_3506.jpg

1本のチューリップも魅力的です

キューケンホフ公園では、「マルチレベルプランティング」と言う、開園期間中常に花を咲かせているためにという特別な栽培方法の採用や、花を病気などから守るために毎年敷地のレイアウトをかえて球根を植えるなど、世界のお花の楽園を維持する為に、公園に訪れる人に楽しんでもらえる様に大変な工夫をしています。

開花時期の異なるものを配置したり、開花時期をずらせるように植え付けていたりと、常に管理準備をしており、手が掛かっていますね。

園内では常に係りの人が見回っており、花びらが散っていたり常態が悪いチューリップを入れ替えておりました。

img_3485.jpg

世界一で一番美しい公園と言われるキューケンホフ公園は、まさに多くの人のお花に対する情熱や技術の賜物であります!

青空の下でのキューケンホフ公園散策はとっても気持ちが良かったです!たくさんのお花や良い香りに囲まれて、公園にいるだけでとても幸せな気分になれます。

敷地内のお花を鑑賞しながら、屋内展示を見て、ランチを食べたり、休憩したり、写真を撮ったり、お土産を買ったり・・・ゆっくり1日過ごしても飽きることはないでしょう!

ぜひ期間中に足を運んで、キューケンホフ公園の美しいお花を心ゆくまで満喫してみてください。

img_3517.jpg



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする