オランダ語のちょっと変わった話の絵本

「Hoi, Hiromooiです」

今日は私のお気に入りのオランダ語の絵本のご紹介です^^私の独学オランダ語学習でも使用している絵本です。

オランダ語学習を始めたばかりの頃に、本はまだまだ難しいけど絵本なら簡単に読めるのではないかとHyottokoが一冊の小さなオランダ語の絵本をプレゼントしてくれました。彼が小さい頃に大好きでよく読んでいた絵本だそうです。

それがこちらの絵本。「Over een kleine mole die wil weten wie er op zijn kop gepoept heet」

kleine mol

この物語の主人公は頭にウンチをのっけたモグラ。

英語に訳しますと「About a small mole who wants to know who pooped on his head hot」

日本語に直訳すると「誰が頭にウンチをしたのか知りたい小さなもぐらについて」

子供むけの絵本のタイトルにするならもうちょっといいネーミングはなかったのか?なぜに主人公は頭にウンチをのっけているんだ?

絵本をもらった頃はまだオランダ語はまだ読めませんでしたし、最初に表紙を見たときはモグラの頭上にあるのは髪の毛かと思いました。それ以前にモグラの絵とも気づかず、何の動物だろうという私の反応でした。

<物語の作者とあらすじ>

作者:ヴェルナー・ホルツヴァルトWerner Holzwarth、1947年〜 )は、ドイツの絵本作家。

物語の簡単なあらすじは・・・

ある日小さなモグラが土の上に顔を出したときに、空からなんと丸くて茶色のソーセージのような物が頭の真上に降ってきました。(あーあー)

kleine mol

「私の頭の上にウンチした奴は誰じゃー」と小さなモグラが叫びます。このもぐら少し目が悪いようで、何も見えません。(あ、よく見たらメガネかけている!)

kleine mol

それから小さなもぐらの犯人探しの旅が始まります。出会ったうさぎ、馬、鳥、牛たちに「私の頭の上にウンチしましたか?」と聞いて回ります。

kleine mol Photo 17-03-16 12 13 09

しかし皆んなに「え?私が?なんで?私はこのようにウンチするよ〜」と言っては、小さなもぐらの前にウンチをして去っていきます。(かわいそう)

旅の途中にこの小さなもぐらは「他に誰か見逃していないかなー?」と立ち止まって考えます。

「あっ!犬ー」と最後に犬の所にやってきます。しかし犬は寝ているようです。(あ、モグラの頭上からやっとウンチがなくなている。良かった。)

Photo-17-03-16-13-21-03-680x510

小さなモグラと犬の間でどんなやり取りがあったのかは・・・秘密です。

物語の最後に小さなモグラは満足して土の中に帰っていきます。(よく見たらこの小さなモグラ靴を履いている!)

Photo 17-03-16 12 13 45_1

何はともあれ小さなモグラのウンチの犯人探しの旅は終了したのであった。

不思議な話だけど、読んでいると妙な哀愁漂う小さなモグラに同情してしまう。読んでいるうちに面白くなってきます。

残念ながらこの絵本は日本語訳にされておらず、オランダ語版のみとなっております。

プレゼントしてもらってから一度彼に読み聞かせをしてもらい、自分で物語を訳して内容を理解し、たまに読み返してちゃんと文を理解しているか忘れた所はないか確認しながら読んでいます。

オランダ語の絵本となると日本でもお馴染みのミッフィーの絵本は有名ですが、こちらの少しマイナーな絵本を読んでみるのもたまには良いですね。
そしてモグラのぬいぐるみまで発見!!



日本語とオランダ語の2カ国語の絵本



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク