オランダの間違ったコーヒー「Koffie verkeerd」

オランダのカフェに行くと、定番のカプチーノ、ラテ、エスプレッソといったメニューの中に「Koffie verkeerd/コーヒー・フェルケート」というのがあります。

この「koffie verkeerd」オランダ語で直訳すると”間違ったコーヒー”という意味なのです!

前々からずっと気になっていた、オランダ独自の”間違ったコーヒー”を試してみました!

「Koffie verkeerd」とは・・・!?

「Koffie verkeerd」一体どんなコーヒーなのかと言うと、牛乳たっぷりのオランダ版カフェオレ。コーヒーとホットミルクを混ぜ合わせたミルクコーヒーです。

何故に間違ったコーヒー!?

本来はコーヒーは別添えのミルクを少し入れて飲みますが、オランダのKoffie verkeerd(コーヒー・フェルケート)をカフェで注文すると、熱々のミルクが入ったカップにコーヒーが別添えになって出てきます。そして熱々ミルクにコーヒーを注いで飲みます。

熱々コーヒーにミルクではなく、熱々ミルクにコーヒを入れます。

「ミルクにコーヒーを入れて飲むのは間違い」って事なのです!

私がカフェでKoffie verkeerdを注文した時は、すでにコーヒーとミルクは混ざった状態でコーヒーカップに注がれていて、見た目も普通のカフェラテのよう。初めて飲んだ時も味もカフェラテのようでもあるけれど、若干コーヒーよりミルクの量が多めかな〜といった印象。

後々調べたら、同量のコーヒーとホットミルクを混ぜ合わせたミルクコーヒーなんで、コーヒーが苦手な人にも飲みやすいのでは!?

うっかりミルクを入れすぎて、出来たコーヒーのようです。

カフェオレとの違いは!?

※カフェ・オ・レは濃く淹れた同量のコーヒーと熱いミルクをカップに同時に注いだもの。「オ・レ(au lait)」は「牛乳入りの」という意味で、ドリップコーヒーに、温めた牛乳を入れて作る。
※カフェ・ラッテ(Caffè Latte)は、エスプレッソと牛乳を混ぜたイタリア発祥の飲み物である。「ラテ(latte)」は「牛乳」という意味で、エスプレッソに、蒸気で温めたスチームドミルクと呼ばれるものを使う。

カフェオレが普通のドリップ・コーヒーがベースなのに対し、カフェラテはエスプレッソがベースです。

名前が違うだけかと思ったら、コーヒーの淹れ方からミルクにも違いがあるようです。味の違いはよく分からないので、私にとってはどれも”ミルクコーヒー”ですが・・・

カフェオレ、カフェラテ、コーヒーフェルケートを飲み比べてみるのもいいかも^^

オランダのカフェ定番の「Koffie verkeerd」と「アップルタルト」をぜひ一緒に召し上がってみて下さい〜!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする