日本ゆかりの街 オランダ Leiden(ライデン)観光

ライデンはアムステルダムの西南に位置する街。

オランダの古都と言われ、オランダ最古のライデン大学があり、世界初の日本語学科があるのがライデンです。日本と深く関わりがある大学都市です。

ライデンの観光スポットなどの紹介です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

ライデン中央駅

ライデン駅の正面玄関。独特で近代的なデザインです。駅を出てまっすぐ歩いていると観光案内所(VVV)も見えてきます。

Molen De Valk (デ・ファルク風車博物館)

駅から歩いて最初の運河にかかると、左手側に風車が見えてきます。

この風車は博物館になっており中を見学する事ができます。

昔は住居として使われていた風車です。

風車からのライデンの眺め。

ライデン駅、街の中心からすぐ近くにある風車。ぜひオランダの風車を見学してみて下さい。

Molen De valk(デ・ファルク風車博物館)in ライデン
オランダといえば風車。オランダ各地で昔からの風車を見ることができます。 オランダのライデンにある風車博物館へ行ってきました。ライデンの...

Molen De Valk (デ・ファルク風車博物館)

公式HP→molenmuseumdevalk.nl

住所:

開館時間:10〜17時

休館日:月曜日

SieboldHuis(シーボルトハウス)

シーボルトが住んでいた邸宅で、現在は博物館になっています。

ドイツの医師・博物学者であったシーボルトは、鎖国時代の長崎の出島にてオランダ商館医として当時の西洋医学の最新情報を日本へ伝えると同時に、生物学、民俗学、地理学など日本に関する情報を収集していました。

好奇心旺盛だったシーボルト、日本から持ち帰ってきた色んな美術品や植物のコレクションが展示されています。

展示品は日本の物なのでそこまで物珍しさは感じないのですが、あの時代に船でこんなにたくさんの物を日本からよく収集したなぁと感心してしまいます。

国禁だった日本地図を国外へ持ち出そうとして、最後はスパイ容疑で日本を追放されてしまったそうです。

シーボルトハウスには小さなお庭があり、そこにはシーボルトの像もあります。小さな博物館なので、短時間で見学可能です。シーボルトに興味があれば立ち寄ってみてはどうでしょうか。

シーボルトハウス 

公式HP→こちら

住所:Rapenburg 19 2311GE Leiden

開館時間:火ー日曜日 10ー17時

休肝日:毎週月曜日、4月27日、10月3日、12月25日

料金:大人€8 学生€4.50 65歳以上€6.50 ミュージアムカード保持者は無料

Hortus Botanicus(ライデン大学付属植物園)

シーボルトハウスから歩いてすぐの所に、ライデン大学がありそこには付属植物園があります。ここはオランダ最古の植物園で、1590年に開園しオランダ東インド会社が世界中から収集してきた植物の栽培や研究がされてきました。

チケットカウンターを通り中へ入ると、すぐにガラス張りの温室へと繋がっており、そこでは食虫植物コレクションが広がっています。

外へ出ると橋がかかっています。一面緑色をしていますが、川です。

植物園の中には他にも大きな熱帯温室があり、そこでは珍しいアジアやアフリカの植物などを鑑賞することができます。温室なので夏はものすごく暑いですが、寒いオランダでは体感できない生の熱帯の雰囲気が感じられます。温室はとても広くて迷路のようで、出口まで彷徨います。

そしてこの植物園でも、多くの日本を発見することができます。

園内にある「日本庭園」はシーボルトを記念した庭園です。

こちらではシーボルトが日本から持ち帰ってきた樹々が生息しています。

日本の雰囲気が漂う小さな日本庭園。ここにもシーボルトの像があります。

カタカナで「フォンシーボルト」と書かれています

ケヤキ

立派なケヤキの木と日本語で書かれたサイン。

緑いっぱいの植物園は、まるで大きな公園のようでお天気のいい日のお散歩は清々しいです!ベンチで読書したり、芝生で日光浴を楽しむ人や、太極拳をしているグループも見かけました。

植物園の周囲には運河が流れており、気持ちよさそうにボートも走っています。静かで穏やかな雰囲気で、のんびりと過ごすにはぴったりです。

夏だけれど、春の訪れをつげる花クロッカスも咲いていて、少し春を感じたりしました。

植物園の出入り口の近くの建物の壁には「東風吹かば匂ひおこせよ梅の花 あるじなしとて春を忘るな」菅原道真の和歌があります。

Hortus botanicus Leiden(ライデン大学付属植物園)

公式HP→https://www.hortusleiden.nl/

住所:Rapenburg 73 2311 Leiden

開園時間:夏季(4〜10月)10〜18時/冬季(11〜3月)10〜16時

休園日:月曜日、12月24日〜1月1日、4月27日

料金:大人€7,50 /子供(4〜12歳)€3

ライデン大学学生&ミュージアムカード保持者は無料

Burcht van Leiden(ビュルフト要塞)

小高い丘の上にそびえ立つのが「ビュルフト」と呼ばれるライデンの古い要塞

元々は 11 世紀に石造りで築城された、長い歴史ある要塞です。この丘も人の手で築き上げられたそうです。

要塞の内部はちょっとした広場になっていて若者が集っていたりしていました。

要塞の塀の上を歩くことができます。そこでぐるっと1周しながらライデンの街を360度見渡すことができます。1周約5分です。

要塞から見える「ライデン市庁舎」

「ホーフランセ教会」

そこまで高さはありませんが、民家の屋根や教会が綺麗に見渡せます。平坦なオランダでは、景色が見渡せる立派な高い場所です(^^;)天気が良い日は、見晴らしが良いのでオススメです!

Burcht van Leiden

住所:Van der Sterrepad 5, 2312 EK Leiden

見学可能時間:8〜22時

年中無休・入場無料

Hooglandse Kerk(ホーフランセ教会)

 ビュルフト要塞から見えた「ホーフランセ教会」へやってきました。ゴシック建築の美しい教会です。

↑クロスした2つの赤い鍵はライデンの紋章です。街のサインや建物の壁など至る所で見かけます。

教会の中は大きな窓と高い天井で開放的な空間です。

教会内の大きな時計仕掛けやパイプオルガンが見所です。

中は無料で見学可能です。

ライデンの街散策

ライデンの街歩き、ショッピングしたり運河沿いのカフェでお茶したりと色んな楽しみ方があります。

ポエム巡り

ライデンの街中の建物で目にした日本語。

「荒海や 佐渡によこたふ 天の川」左下には「芭蕉 Basho(1644-1694)」と書かれています。

なんでこんな所に芭蕉の句が書かれているのか不思議でしたが、日本語だけでなくライデンの街中の建物には様々な国の言語で壁に詩が書かれているのを目にします。

ライデンで壁に書かれたポエム探しもオススメです〜

ライデン街並み

ライデン中央駅から歩いて5分程の所の”Beestenmarkt”広場。広場の周りにはテラス席のカフェが並んでいます。

ベンチでは休憩したり、サンドイッチ食べている人もいたり、噴水の周りでは子ども達が遊んでいたりと、ライデンの街の人々の憩いの場でした。

運河に面していて、ここから観光クルーズが出発しているようです。

広場近くのこの橋からの眺めがとても綺麗です!

ライデンには2つの風車がありますが、もう1つの黒い「プット風車(Molen van Put)」が遠くに見えます。

カメラでズームすると風車の近くに跳ね橋も見えます。

ここには住居用の船が多く停まっています。

カフェのテラス席に座ってずっと眺めていたいなぁと思うほど、お気に入りの景色です。

ライデン大学がある学園都市なので、街を歩いていると若者や学生が多いなぁと感じました。運河沿いのカフェや公園では大勢の学生で賑わっていたりしますが、それでも穏やかな雰囲気が漂っています。

観光シーズンの春〜夏は至る所にお花が広がっているのも見所です。

また運河沿いには古い建物が並んで、オランダらしい風情を感じながら歩く事ができます。

ライデンへのアクセス

アムステルダムから電車で約35分。スキポール空港から電車で約15分。

電車や公共交通機関の乗り換えや時間の確認は9292のサイトが便利です。

さいごに

アムステルダムやスキポール空港からも近いライデン。1日観光にオススメの都市です。

日本から遠く離れたライデンですが、街を散策していると街の至る所でさりげなく日本を見かけ、日本を感じられるとても素敵な街でした。

街もとてもコンパクトで、駅から徒歩でライデンの街を観光スポットを巡ることができ、運河に囲まれた街はのんびりと散策するにはピッタリです。

他にもたくさんの観光スポットや美術館もあり、美術館をゆっくりと見て回っていると1日では足りないほど見所がいっぱい詰まっています。



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク