ローマで休日② 「Day2 コロッセオ&フォロ・ロマーノで歴史散策」

スポンサーリンク




スポンサーリンク

Colosseo(コロッセオ)

ローマで最も有名な世界遺産コロッセオ。ローマのシンボルとも言える観光スポットで、誰もが一度は訪れたい場所ではないでしょうか。

2000年前に建てられた円形闘技場は直径188m、周囲527m、高さは57mもあります。こんな巨大な建築物が人の手で作り上げられ、2000年も前から倒壊する事もなくこの場所に建ち続けているかと思うと、中に入る前から圧倒されてしまいます。

コロッセオの外も中も人がいっぱいで大大混雑していました。入り口もものすごく並んでいましたが、入場券(ローマパス)をすでに持っているレーンを通りスムーズに入場。中ではセキュリティーチェックもあります。

コロッセオの内部

コロッセオ2階からの眺め

約5万人を収容できる内部では6世紀頃まで、剣闘士や猛獣が死闘を繰り返し、古代ローマの人々を熱狂させていました。当時の市民の娯楽がここでの殺し合いだったとは恐ろしや・・・。

ぐるっと一周は(途中で行き止まりになっていたので出来ませんでしたが)、大体15分ぐらいで回れる大きさです。

観客席は、下から身分の高い人が座り、階が上がると身分が低くなっていたようで、1階席は元老院議員席、2階席は騎士階級席、その上が上級市民席、そして最上階は一般席として使われていたようです。

1階では床面はないですが、むき出しになっている猛獣などが準備されていた地下空間を間近で見ることができます。

迷路みたいな地下部分

コッロセオの最上階と地下はまた別にツアー参加の予約&入場料が必要のようでした。

左上:「コンスタンティヌスの凱旋門」315年に建てられたこの門がパリの凱旋門のモデルになったともいわれています。

右上:コロッセオ内部

下部:コロッセオ前のザクロ

コロッセオの前には不思議なオブジェがあるんですが、よく見たら・・・

「何!?よく見ても分からない」

ザクロのようです。ザクロと言われなかったら、気づかないままでした(^^;)

コロッセオの壁の隙間から・・・

感動のコロッセオ

コロッセオは実際に行った人の中には、がっかりしたという感想を持つ人も何故かいるようですが、そんなことは全くない!小さい頃から訪れる事を夢見ていたコロッセオは外観もですが、やはり内部に入った時の感動はすごいです。

コロッセオの内部では観客席をぐるっと周り、上階や地下から色んな角度からコロッセオを見学する事ができ、またコロッセオの壁に実際に触れたりすることによってコオッセオの壮大な歴史を存分に感じることができました!

ローマ帝国が栄えていた頃は、日本では弥生時代。当時の面影が残る迫力ある建造物を実際に目の当たりにすると、遠ーい大昔にこんな立派な建築物が作られていたとは、古代ローマ人すごさに驚かされます! (中では残酷な競技が行なわれていた歴史を考えると複雑ですが)

コロッセオはすごいの一言に尽きますが、言葉や写真では迫力は伝わらないのでやっぱり自分の目で実際に見て確かめるのが1番です!


そしてコロッセオを出た後は、少し遅めのランチを求めてメトロ&トラムを乗り継いで行ってきました。「Trapizzino」のピザサンドイッチ。

ローマ発祥のピザとサンドイッチの組み合わせのピザサンド!ローマに来たら食べてみたかったのです。

三角形のピザ生地に具がたっぷり挟まっています〜!具はローマの郷土煮込み料理。私は牛の煮込み、パートナーはタコが入った具材をチョイス。

厚めの生地がカリッと香ばしくて美味しい!とってもお手軽なストリートフード!こんなにボリューミーで1つ€3、50でした。

ランチの後はカラカラ浴場へ。

つづく。



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク