ローマで休日③「Day2 カラカラ浴場でリラックス」

イタリア・ローマの旅 2日目 つづき

遅めのランチを食べて向かった先は、古代ローマの浴場遺跡「カラカラ浴場」途中のサン・パオロ広場で見かけたピラミッド。

イタリアなのにエジプトのピラミッド?なんとも不思議でした。

Piramide di Caio Cestio or Piramide Cestia(ガイウス・ケスティウスのピラミッド)でローマに残る最後のピラミッドのようです。

そしてカラカラ浴場最寄りのトラムの駅から歩いてカラカラ浴場へ向かいます。この辺りは中心部から少し離れているので、静かで穏やかな雰囲気。パラティーノの丘でも見た大きな松の木が歩道に沿って並んでいます。

正式名称はイタリア笠松

空高く綺麗にまっすぐに上を向いています。ひょろっとした笠松はローマのシンボルとも言われており、はローマの街中や公園、郊外などにたくさん育っており、ローマ滞在中は至る所でよく見かけました。

スポンサーリンク

Thermae Caracallae(カラカラ浴場)

カラカラ浴場は、第22代皇帝カラカラがローマ市民の憩いの場として212年〜216年にかけて建造された複合施設です。

カラカラ浴場(カラカラよくじょう、ラテン語: Thermae Caracallae,イタリア語: Terme di Caracalla)は、セプティミウス・セウェルス帝の計画を引き継ぎ、ローマ帝国第22代皇帝カラカラがローマ市街の南端付近に造営したローマ浴場。当時はアントニヌス浴場(ラテン語: Thermae Antoninianae)とも呼ばれていた。日本語訳でカラカッラ浴場と表記されることもある。

wikipediaより

テルマエロマエの世界

敷地面積の広さに建造物の高さが壮大すぎて、これが昔は浴場だったなんて思えないほどでした。約1800年も前にこんな施設を作り上げるなんてローマ建築の素晴らしさに圧倒されてしまいます。離れた場所から見ても巨大な遺跡です。

複合施設の中には図書館、劇場、礼拝堂、プールなどもあったようで、まさに現代で言えば何でも揃う立派な「スパリゾート」大きな違いがあるようで、今も昔も実はあんまり変わらないかなぁ〜と思えたりします。

昔の大浴場であったであろう場所を眺めていたら、温泉いって湯船に浸かってリラックスしたい〜そんな思いが湧いてきました。

昔のボードゲームだったようです↓

1600人も収容したというなんとも大きな公衆浴場。遠い昔に思いを馳せながら見学していると、まさに映画「テルマエロマエ」の世界が蘇ってきます。

この映画は私が今まで映画館で見た中で1番に笑った映画でした。久々に見返したくなってきました。

モザイク画

モザイク画も当時のままのようで、こんなにはっきりと鮮やかに残っているとはなんとも不思議!!

カラカラ浴場、昔はこんな感じだったんですね↓

そしてカラカラ浴場の前の広場を散策。

カラカラ遺跡を眺めながら散歩

夕方4時を過ぎる頃は、観光客の数は減りのんびりと静かな自分だけの空間で散歩を楽しむことができました。芝生も広がりベンチもあり、遺跡を真正面に眺めながらゆったり休憩。

カラカラ浴場では夏季限定で野外オペラが開催されているそうです。世界遺産のカラカラ遺跡をバックにオペラってさぞ幻想的で素晴らしいでしょうね。

お気に入りスポット認定

カラカラ浴場を知ったのは、ローマに来ると決めた後、ローマについて調べ初めてからでしたが、こんなに大きな古代浴場遺跡が残っているとは知りませんでした。

ローマ観光と言えば、「コロッセオ」がダントツで人気で「カラカラ浴場」はマイナーな場所のようですが、実際に訪れてみると「カラカラ浴場」は比較的静かな場所にあり、静かで居心地が良くて、心行くまで遺跡を眺める事ができ、ここに来れて本当に良かった〜と思いました。私のお気に入りのスポットになりました。ローマに訪れる事があればまた絶対に行きたいです。

遺跡の上のかもめ

遺跡が好きな人には、本当に心地がよい場所だと思います^^

想像以上の壮大な遺跡で、観光客で混雑していることもないので隅々までのんびりと遺跡散策をすることができる、ローマ観光の穴場スポットとして「カラカラ浴場」はオススメです!

ローマ観光2日目のルート『フォロ・ロマーノ→パラティーノの丘→コロッセオ→カラカラ浴場』は遺跡&歴史好きな私には格好の散策ルートでした!


気づいたら閉園時間ギリギリまでいたカラカラ浴場を後にしてディナーへ。

ネットで”安い、美味しい”というキーワードで見つけたお店「Carlomenta」観光客の間では破格のイタリアンレストランで有名店のようです。

いや〜、残念ながら私たちにとっては”ただ安い”だけのレストランでした。ラザニアやペンネはちょっと残念な味で、自分たちでお家で作るラザニアの方が圧倒的に美味しいと感じてしまいました。セカンドメインのお肉と最後のデザートも、美味しくなく、不味くもないというお味。(観光メニューを選択したからなのかもしれません)

私もパートナーも口には出しませんが表情で分かるお互いの思い。美味しいの食べ過ぎて舌が肥えたとかでもないですがね(^^;)

大勢の客でテーブルは埋まっていましたが、料理が遅いとかサービスが悪いとかはなかったです。下町にあるレストランの様な感じで、活気がある賑やかな雰囲気は好きでした!

レストランでは最後まで残さず味わって、旅の出来事を楽しく会話しながら食事をしてきましたが、会計を済ませてレストランを出るやいなや・・・

レストランで1番美味しかったのはビール!ラザニアは間違いなく冷食!値段は安いので、あんまり食や味にこだわらないオランダ人にはもってこいな場所!過去に確実にインスタントミーゴレンを出してきたバリ島のボッタクリ食堂よりは許される!など・・・帰り道は辛口評価の私たちでした(^^;)

1度しか利用していませんが、口コミでは高評価の意見もあるのでもしかしたら、ピザやパスタなど注文するメニューによっては美味しい料理もあるのかもしれません。


ローマ2日目の衝撃。便器がないトイレ。

ぱっと見、なんか変だぞと思ったら・・・ない!!

今日訪れたピザサンドイッチのお店、レストランともなかったので、有るのが当たり前ではなく、逆にあったらラッキーなんだなぁーと衝撃でした。

そしてコロッセオの夜景を見て帰宅しました。

夜の姿は静かに聳える感じで神秘的。月も綺麗に輝いていました!



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク