ローマ旅行記〜美味しいオススメグルメ編〜

イタリア・ローマで味わった美味しいオススメのグルメ録です。

イタリア料理といえばピザやパスタ。日本でも気軽に食べられているグルメにあふれていますが、現地で味わう本場のグルメは格別でした。

今までの人生で食べた中でNo.1とも言えるジェラートとピザと出会い、ピザをたらふく食べた最高のグルメ旅となりました^^

スポンサーリンク




スポンサーリンク

ローマ風ピッツァ

ピッツァと一言でいっても、地域によって色んな種類があるのがイタリアのピザ。ローマ風ピッツァは、生地が薄くてパリパリした食感が特徴です。地元イタリア人オススメの2件のリストランテで食べたローマ風ピッツァです。

Ristorante Nuovo Canestro

お皿から余裕ではみ出すほどの大きなピザ。焼きすぎちゃったのかな?端っこは真っ黒になっていますが。シンプルなトッピングですが、本場のピザの味は最高!今までの人生で食べてきたピザの中でダントツNo.1のピザです!

左上:リストランテの出入り口 /右上:モッツァレラチーズ&生ハム

左下:リモンチェッロ /右下:マッシュルームのピザ(これもすごく美味しかった!)

テルミニ駅近くの小さなローカルのリストランテ。外見は古そうですが、ピザは最高&店員さんの接客も良かったです。(ネットではサービスが悪いとか書かれているのを見たりしますが、小さなリストランテに求め過ぎてもね)

こんなに大きくて美味しいピザが、1枚€6か€7ぐらいなんで安い。近所の人などがピザをオーダーして持ち帰っているのを見かけました。私も出来ることならオランダにも持って帰りたい〜と思ったり。

Ristroante Nuovo Canestro

住所:Via Cairoli, 62, 00185 Roma RM, Italy

営業時間:毎日 12:30−15:00、19:30ー22:30

Al Cavallino Bianco

「ナスとトマトのピッツァ」ナイフとフォークで切って食べていきます。

レストランの席の近くで、ピザ職人が生地を捏ねて釜で焼いていた出来立て熱々のピザ。お皿いっぱいに広がる大きなピザで、生地は薄くてクリスピー。カリッとした食感が美味しかったです。大きいので1人で食べきれるかなぁと思いますが、薄生地なので意外とペロリと食べれてしまいました。

ピッツァのメニューを見ているとトッピングの種類が豊富で、どれにしようか迷ってしまうほどです。

Al Cavallino Bianco

住所:

営業時間:月 ー日曜日 12;00〜15:30、19:00〜00:00

水曜日ー定休

気軽にピザを食べ歩き

リストランテで食べるのもあり、テイクアウトのお店で購入して公園のベンチに座って食べるのもあり。色んな形や味や食べ方があるピッツァ。観光の合間にピッツァを食べるなら、ローマならではのストリートフードがオススメ。

Pizza al Taglio(ピッツァ・アル・ターリオ)の切り売りピッツァ

Pizza al Taglio(ピッツァ・アル・ターリオ)」とは切り売りピザのこと。ローマの街を歩いていると数多くの切り売りピザ屋さんを見かけます。

訪れたのはローマ・テルミニ駅のお隣の「Mercato Centrale Roma(メルカート チェントラーレ ローマ)」の切り売りピッツァ屋さん。

切り売りピザの特徴は、ピッツァは全てグラム単位の量り売りなので自分の好きな量だけ買うことができます。

見るからに美味しそうなピザがこんなにもたくさん並んでいると、思わず引き寄せられてしまいます。

買う時は、どのくらいの分量か、温め直すか聞かれます。

温めてもらいフードコートで食べました。

自分の好きな量だけ買えるので少食の人も食べきれない という心配もなく、また色んなテイストを友人とシェアしながら食べれるのも嬉しいですね。

Trapizzino/ピッツァサンドイッチ

「Trapizzino(トラピッツィーノ)」とはローマで生まれたピザ+サンドイッチのコラボ=ピザサンドイッチのことです。

三角形のピザ生地に具材(ローマの郷土煮込み料理)がたっぷり挟まっています。

上記写真のピッツァサンドイッチの手前はタコが入った煮物、後ろは牛の煮込みです。

外はサクサクの中はふんわりとして、厚めの生地がカリッと香ばしくて美味しかったです。ピザであり、サンドイッチでもあるトラピッツィーノはこんなにボリュームたっぷりで1つ€3、50という値段。とてもお手軽で食べ応えのあるストリートフードです。

切り売りピザやピザサンドイッチは食べ歩きも出来るので、ローマ観光のお供にピッタリです。ローマの街を歩けば至る所で目にする「Pizza(ピッツァ)」の文字とお店。ぜひぜひローマで自分のお気に入りのピッツァ屋さんを見つけてみてください^^

Gelato/ジェラート

ローマ滞在で毎日のように食べたジェラート。その中でオススメの3店です。イタリア語でジェラート屋さんは「Gelateria(ジェラテリア)」と言います。

Ice cream & Co

ここで最高のマンゴーと出会いました。

たまたま立ち寄ったお店ですが、大当たり。私の好きなフレーバーはマンゴーなので、アイスクリームを食べる時よくマンゴーを選ぶんですが、ここのマンゴーは今まで食べた中で最高のマンゴージェラートでした!

1口食べてビックリ。マンゴーが果物のそのまんまの自然でフレッシュな味!そしてクリーミーでコクもあります。マンゴー好きなら、絶対に食べて欲しいです。レモンもスッキリと爽やかな味わい。少し小さめなカップですが、それでも心が満たされる味でした。

地元のお客さんがチラッとやってきている様子でした。

主要観光地から離れているので、足を伸ばしてでも食べたいオススメのジェラート店です!

Ice cream & Co

住所:

営業時間:月ー木・日曜日12:00〜22:00 /金・土曜日12:00〜23:00

Gelateria Giolitti

ローマ内でとても有名な老舗のジェラート屋さん「Geilitti(ジョリッティ)」

超人気店なだけありジェラート売り場は混雑していますが、ローマに来たなら絶対に食べたいジェラート!

ショーケース内にはたくさんのフレーバーが並び、どれにしようか迷ってしまいそうになります。私はピスタチオ・マンゴー・チョコチップの3種類を食べました。

ジェラートの味は、噂通りとても美味しいです!(マンゴーはIce Cream & Coがやっぱりベスト)コーンの上にたっぷりのジェラートでお腹いっぱいになりました。実際に行って食べてみると、大人気の理由がよーく分かりました。値段も安いのに美味しくて量もたっぷりと大満足のジェラートでした。

ちょっと分かりづらい場所ですが、お店に近ずくにつれてジェラートを片手に歩いている人が増えて、一際人混みが多い所なのですぐに分かると思います。

Ciampini Roma

1900年からオープンしている老舗カフェのジェラートです。スペイン広場の近くです。

ミックスベリー&チョコチッップ/マロングラッセ(粒入り)&ココナッツ

オススメはフレッシュな味わいのミックスベリーとマロングラッセ!店内にはなんと日本語のメニューがありました。

ジェラートをカップに盛ってもらっている時、店員さんに「Panna(パンナ)?」と聞かれたりします。パンナとは生クリームのことで、「ジェラートの上に生クリームのせる?」と訪ねているのですが、そのまんまのジェラートが食べたかったので、私は生クリームのせは試しておりません〜。

ジェラートに生クリームとは欲張りな組み合わせ。お腹に余裕があれば試してみてください^^

ピッツァと同じく、ジェラテリアも街の至る所にあるので、自分のお気に入りを探してみてください。

Pasta/パスタ

イタリアンと言えばパスタ

Paccheri Amatriciana

パスタの種類もたくさんで、なかなか聞きなれない名前のパスタもありました。

スペイン広場近くのリストランテ。少し遅めのランチで訪れましたが、スペイン広場の近くなので賑やかな雰囲気でした。パスタの他にもリゾット、パスタ美味しそうなイタリアンがリーズナブルに味わえます。

晴れた日のテラス席は気持ちよかったです。

リストランテで食べるパスタも美味しいけれど、小さなテイクアウトのお店で食べたパスタも美味しかったです。

Pasta Imperiale

こちらでは自分の好きなパスタとソースを好きなように組み合わせて注文することができます。

カルボナーラと店員さんオススメのほうれん草のラビオリ&ミートソースにしました^^

またパスタをオーダーして待つ間、店内の奥ではパスタを手作りしている様子も見れ、厨房では若いバイトの女の子が華麗な手さばきでパスタを作っていました。

イタリアのリストランテでは色んなパスタとソースの組み合わせを楽しむことができます。

日本でも馴染みのあるカルボナーラはローマが発祥の地。ローマでパスタを食べるならカルボナーラが人気ですが、人気のリストランテなどは事前に予約したほうが良いと思います。

Suppli/スップリ

「Suppli(スップリ)」とはイタリア・ローマのライスコロッケ。

リゾットの中にチーズを入れて揚げたものです。俵型の形をしていて一口かじると中のモッツァレラチーズが伸びてきます。とても美味しかったです^^

ローマでオススメの美味しいスップリが食べられるのが「Suppli 」という小さめのお惣菜屋さん。スップリの他にも色んな揚げ物や切り売りピザなどもありました。旅行者はもちろん地元の人も多く買いに来ているようで、店内のスタンドテーブルでは地元の人がスップリやパスタなどの軽食を買って立ち食いをしていました。ローカルな雰囲気です。

Tiramisù/ティラミス

イタリアのデザートと言えば、「Tiramisù(ティラミス)」ローマのティラミスの名店と言われている「POMPI」のティラミスを食べてきました。

店内のイートイン席はうまっていたので、ティラミスは購入後近くの広場で食べました。テイクアウト用に個別に箱に入って売られているのでいるので、気軽に外でも食べれるし頑張れば自宅にお持ち帰りも出来そうです。

甘すぎずあっさり目の味。箱を見た時に量が多く感じましたが、いざ食べ始めるとペロリと食べれました。

クラシック味、いちご味、ヘーゼルナッツ味、ブルーベイー・ラズベリー味、バナナ・ココナッツ味など、ティラミスの種類もたくさんです。なかなか食べられない珍しい味ばかりです。

 POMPI

バチカン市国の近くに訪れた際はぜひ立ち寄ってみて下さい。またスペイン広場の近くにPOMPI本店があるそうです。

ローマのレストランで思ったこと

1、パンのお通し

イタリアのリストランテで必ずサーブされるパン。ドリンクと一緒に運ばれてきたりするんですが、「このパンはお通し?それとも料理とセットなのか?でもオーダーしたのピザだけど?パンとピザのセット?」

バターとかもついてこないので、前菜の生ハムメロンのハムを乗っけたりしながら「パンだけそのまま食べるのかなぁ?」と疑問に思いながら食べていました。

2、ランチ・ディナータイムが遅め

食生活のリズムも異なるようで、リストランテのディナー開店時間が遅め。19時〜営業開始の所が多いです。18時頃にお腹を空かせて街を彷徨ってもどこも準備中だったりしました。

3、第2メイン

メニューを見ていると普通に前菜、メイン、デザートと並んでいますが、メインが第1メイン(パスタやピザ)第2メイン(肉や魚)と分かれており、「イタリア人はそんなに食べるのか?」と思わずびっくりしました。あるリストランテではピザだけオーダーしたら「第2メインはいらないの?」と聞かれて、いや〜ピザ・パスタを食べたらもう無理ですと断りました。

4、老紳士ウェイター

リストランテでのウェイターは年配のおじさん率が高く感じました。若いウェイターやウェイトレスも居るけれど、ここもおじさん、あそこもおじさん。おじさんウェイターが多かった気がするのは気のせい?おじさんだけどキビキビした老紳士!

さいごに

今回初となるイタリア・ローマ旅行では、毎日美味しいものに出会い、基本どこで食べても美味しいイタリアンはお腹をたくさん満たしてくれました。

最高のピッツァのリストランテはAirbnbでの滞在先ホストのイタリア人からのオススメですが、観光客向けのリストランテより、やっぱり地元の人が通うお店の方が美味しいものに出会える確率が高いですね。

王道イタリアンのお店や、ピッツァのリストランテ、ジェラテリアなど、ローマの旅の参考にしてください^^



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク