オランダで初めて食べるスリナム料理「ロッティー」

先日パートナーと「今日のご飯何にしよう〜?」と話していた時、

パートナー:「この間、同僚に美味しいロッティーのテイクアウトのお店教えてもらったけれど、ロッティー食べたい!?」

私:「ロッティーって何!?」

パートナー:「じゃあ、ロッティーにしよう!」

私:!?!?

ロッティーが食べ物なのか、店の名前なのか、人の名前なのか、何のことやら、分からないまま、夕ご飯はロッティー決定!

ロッティーとは・・・スリナム料理の1つです。

スリナムって国の名前を聞いた事ある人、どこにあるかすぐに分かる人ってそうそういないですよね〜

私も最初はどこにあるのかも分かりませんでしたが、南アメリカのブラジルの北に位置する国です。

気になるロッティーはネットから注文して、デリバリーでお家まで届けてもらいました。

ロッティーはこの写真のようなインドカレーの”ナン”やトルティーヤの”ラップ”より薄くて柔らかいパンの事を指すようです。見た目はクレープ。Roti (Wikipedia)

そしてこのロッティーにおかずを乗せて巻いて食べます。トルティーヤみたい!

img_6541-1.jpg

おかず:カレー風味のジャガイモ、甘辛く煮たチキン、かぼちゃ、インゲン、煮卵

辛くないチリソース付き。

正しい食べ方は分からないけど、少量ずつロッティーに乗せて、ロッティーをちぎって巻いて手で食べました。

初めて食べるロッティーおいしかったです。

オランダにはかつての植民地インドネシアからの移民も多く、昔からインドネシア料理も親しまれており、今では第二の国民食と言われるほど定着しています。それと同じように、スリナム共和国も元オランダの領土でだったので、オランダにもスリナムから移住してきたスリナム人も多いようです。

パートナーの弟の父がスリナム出身なので、たまに家に来て作ってくれていたらしいです。

調べてみたらスリナムの公用語はオランダ語のようです。南米にオランダ語を公用語とする国があったのに驚き!

ロッティーを食べながら学ぶスリナムとオランダの関係、また今度スリナムについて調べてみようっと!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク