バルセロナ旅行記〜美味しいオススメグルメ編〜

スペイングルメと言えばタパス、パエリア、サングリアなど色んな名物が思い浮かびます〜!

バルセロナの街には星の数ほどいっぱいのレストランやバルがあり、種類豊富で美味しいタパス、ピンチョス、デザートなどのスペイングルメを気軽に食べ歩きしたり、バルをはしごしながら楽しむことができます!

スペインに行ったことがある人は口を揃えて「ご飯がとてもお美味しい」と言っていたので、本場のスペイングルメに大きな期待を膨らませて行きました。

ということで、初めてのバルセロナで行ったレストラン、バルについてまとめました♪

どの料理も見た目からして美味しいこと間違いなし、不味いわけがない!味もハズレなしで美味しいものばかり!

Tapa Tapa(タパタパ)


バルセロナ内に4店舗あるスペインタパスのチェーン店。値段はとってもリーズナブルですが、味もそこそこで軽いスナック感覚で食べるには充分なクオリティーだと思います。

ここで「ししとう揚げ(pimientos de padron)」と運命の出会い!美味しくてハマってしまいました!!辛いのかと思ったら、全然辛くない。

そしてオランダのビターバレンに見える丸いフライは、食べてみたら魚介のコロッケでした。

バルセロナ初日の最初の食事はこちらで頂きました。宿泊先の受付のお姉さんが、一番近くのおすすめタパスレストランと教えてくれたのがここ。バルセロナ到着後、長時間の移動でお腹が空いていたので、どれも美味しくお腹いっぱいいただきました!大きなグラスのサングリアも美味しくて大満足でした!!

メニューには料理の写真が載っているので分かりやすいです。
日本のファミレスみたいで安っぽい感じがしますが、スペインオリジナルのチェーン店を試すには良いかと思います^^
☆Tapa Tapa ホームページ http://www.tapataparestaurant.com/

Cerveseria Catalana

バルセロナ2日目のランチ。

最初のお通し「pan con tomate/パン・コン・トマテ」

img_7561.jpg

パンコントマテはンににんにくと完熟トマトをこすりつけ、オリーブオイルと塩をふりかけたトマトトースト。酸味がきいて、さっぱりとした味わい。

「tortilla/トルティージャ」

img_6506-1.jpg

トルティージャはスパニッシュオムレツ。ポテト入りでシンプルな味で美味しい〜!

「タパス盛り合わせ」

img_6504.jpg

盛り合わせ内容は、ししとう揚げ、エビ、あさり、イカフライ、スペイン風コロッケ。

ここでも大好きな「ししとう揚げ」を食べれて大満足!見た目はオランダの小振りなクロケットだけど、干し鱈のコロッケです。

どれもビールと合う最高のつまみ!お昼から飲むビールとタパスは最高!

「デザート」

「Crema catalane/クレマ・カナラナ」はクリームブリュレの原型といわれるカタル-ニャの伝統菓子です。

オーダーした全ての料理がとにかく美味しい!料理もサービスも口コミ通り大満足でした!オシャレで落ち着いた雰囲気の店内も素敵でした。

とびっきり美味しいタパスが食べたいという方におすすめのバルです。リーズナブルな価格で、料理はどれもハズレなしです。

サン ジョセップ市場 (ボケリア市場)

img_6503.jpg

ここでは写真のフレッシュジュースを購入。

色とりどりのカットフルーツ、フレッシュジュースが色んなお店で売られています。

観光で歩き回って喉を潤したい時にぴったり!新鮮な果物なので最高のビタミン補給です。

Granja Dulcinea

バルセロナ観光の合間におやつタイム。スペインと言えば、チュロスも忘れちゃいけない〜!

「Granja Dulcinea」は美味しいチュロスが有名な老舗のカフェテリアです。チュロスをホットチョコレートに浸しながら食べるのが、スペイン流の食べ方!

見た目はドロッと濃厚なチョコレートで甘そうですが、食べてみると以外と甘さ控えめで、サクサクのチュロスと絶妙にマッチし最高のコンビネーション!

お店のエントランスはこじんまりとしていますが、店内は奥行きがあり広く、並ぶテーブルと椅子もチョコレート色。昔からある老舗店だけあり古い穏やかな雰囲気が漂っています。

☆Granja Dulcinea ホームページ http://granjadulcinea.com/en/history/

EL PINTXO

バルセロナ2日目のディナー。ピンチョスのバーへ。

img_6258.jpg

ピンチョスとは小さなパンの上にいくつかのおつまみを乗せて、爪楊枝などで串刺しにした軽食のことを言います。

ウェイトレスさんが教えてくれたのですが、タパスは小皿の一口料理。ピンチョスの本来の意味はスペイン語の突き刺す、楊枝、串という意味があり、爪楊枝が刺さっていたり、パンの上に乗っていればピンチョスというようです。

img_6535.jpg

ピンチョスのメニューも色んな種類があって選ぶのも迷ってしまいます。

見た目も一口or二口サイズでかわいいピンチョス。パーティー料理みたい!グリルエビを始めどのおつまみも美味しいし、パンも美味しい!

img_6585-1.jpg

カウンターに行って自分で好きなピンチョスをお皿に取って選ぶか、お店の人に直接オーダーして作ってもらったりします。

長いカウンターには大皿に盛られた色とりどりのピンチョスが並んでいて、見ているだけでも楽しい!ピンチョスバーはやっぱりカウンター席の方が人気ですね!

日本の焼き鳥屋みたいにピンチョスの串の入れ物があって、食べ終わった串の数を数えて会計する仕組みになっていました。

ビールも飲んでお腹いっぱい食べて€32は安い!

食後のサービスのスペイン産のリキュール。

img_6538.jpg

Pacharánはスペイン北部の地域に自生するブラックソーンやアメリカスモモ果実から作られたリキュールです赤みを帯びた色で、20-30度のアルコールです。

☆EL PINTXO ホームページ http://www.elpintxodepetritxol.com/

pans(パンズ)

バルセロナ3日目ランチ。

dscf0429_1

「pans」はバルセロナに多くの店舗があるファーストフード店で、スペインのサンドイッチ「BOCADILLOS/ポカティージョ」のチェーン店です。街を歩いていると色んな所でお店を見るので、試しに行ってみることにしました。

ポカティージョとはフランスパン(バゲット)を半分に割り、中に生ハムやチーズなどを挟んだもので、カタルーニャ語では「ボカータ」と言います。

ファーストフード店なのでそんなに期待してなかったのですが、固めのバゲットがサクサクして美味しい!サブウェイとか比べ物にならないほど、パンが驚くほど美味しかったです。

img_6489.jpg

バルセロナを歩いていると必ず目にする「pans」観光の合間に、気軽に手短にランチしたり、休憩するのにぴったりなお店。

☆pans ホームページ http://www.pansandcompany.com/en/

Rocambolesc(ロカンボレスク)

ネットで見かけた、世界一美味しいアイスクリームという言葉に惹かれて行ったアイスクリームショップ。

img_7027-1.jpg

まずは、レジでカップのサイズを伝え会計後に、カウンターでアイスのフレーバーとトッピングを選んで店員さんに伝えて作ってもらいます。トッピングは3種類選ぶことができます!

なぜに世界一のアイスクリームなのかと言うと・・・元々はミシュラン3星を獲得したジローナ市にあるレストラン「エル・セジェール・デ・カン・ロカ」のオーナー3兄弟の末っ子でパティシエの、ジョルディ・ロカが地元のジローナ市で始めたアイスクリーム専門店だからです。

それが今年バルセロナに展開されたばかりのようです。

店員さんのおすすめのトッピングで作ってもらいました。美味しかったので、2人でバニラとチョコレートのフレーバーを食べた後に、ヨーグルトフレーバーに青りんごのトッピングをオーダーして食べてしまいました。

アイスクリームをパンに挟んで、ホットサンドみたいに温めて食べる”パネット”も美味しそうでした!

☆Rocamboles ホームページ  http://www.rocambolesc.com/

Les Quinze Nits(ラス・キンザ・ニッツ)

せっかくバルセロナに来たんだから、美味しいパエリアが食べたい!

バルセロナ最後の夕食は、パエリアが美味しいと有名なレストラン「Les Quinze Nits」に行ってきました!レイアール広場にあるカジュアルなレストランです。

有名なお店なので並ぶと聞いていましたが、外には3、4組ほど前に並んでいた程だったので15分ほどで入店できました。夏は外のテラス席が大人気で、大勢の観光客で賑わっていました。

「サングリアと魚介のフリッター」

img_6586-1.jpg

「シーフードパエリア」

img_6496-1.jpg

シーフード三昧。美味しい本場のパエリアを食べれて幸せでした!

デザートに再び 「Crema catalane/クレマ・カナラナ」

img_6495-1.jpg

甘いけど美味しい〜

テラス席に座っていると、夕方の風が気持ち良くて良い雰囲気でした。そこへ何処からともなく、バラの花をたくさん袋に詰めた物売りのおじさんが各テーブルを回っていました。

☆Les Quinze nits http://www.grupandilana.com/es/restaurantes/les-quinze-nits-restaurant

Txapela

img_6477.jpg

バルセロナメイン通り、ブランドショップが立ち並ぶグラシア通りにあるピンチョスバー。

img_6490.jpg

空港バスまでの限られた時間での最後のピンチョス。どれも美味しそう〜

img_6492.jpg

ピーク時間前だったのでカウンターに店員さんが1人しかいなくて、オーダーするのに店員さんを待つ時間がありましたが、時間ない割に色んなピンチョスを味わうことができました〜

img_6491.jpg

ピンチョスバーは急いでいる時も、ちょっとお店に入って手軽に食べれるのが嬉しい。

☆Txapela  ホームページ http://www.txapelarestaurant.com/


バルセロナで出会った「ししとう揚げ、トマトトースト」が初めての味でとにかく美味しかった!これは家でもぜひ作ってみたいと思うし、私のオススメです。

豊かな食文化をスペイン。食材も肉類、米料理、魚介類ととても豊富で、調理方法も様々で、まさにグルメ天国でした!

日本にもスペイン料理が食べられるレストランやバルはたくさんありますが、やはり本場スペインで食べるその土地の味はやっぱり格別です。

1度は本場の空気感や食文化を感じながら食べてほしい絶品ばかりです!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク