オランダからパリへ小旅行①「高速鉄道タリスに乗ってパリへ」

春頃ですが、オランダからフランス・パリへ4泊5日の小旅行へ出かけてきました。

パリへ行くのは6年ぶりの2回目。

初めて訪れた時は1人旅でパリに滞在したのは2日のみ。急ぎ足で主要観光地を巡った記憶があります。

今回はパートナーとの2人旅。

家族皆んなにロマンティックなパリを楽しんで来てね〜と言われて出発!

ロマンティックを感じられるパリ旅となるのか?

スポンサーリンク




スポンサーリンク

オランダからパリへ

今回は高速鉄道の「Thalys(タリス)」を利用してアムステルダムからパリへ行ってきました。ヨーロッパは陸続きなので鉄道で簡単に移動することができます。

Thalys(タリス)とは

タリスはフランス・ベルギー・オランダ・ドイツの4カ国を結ぶ高速列車です。日本で言う新幹線。最高時速300kmで走行しています。

タリスの運行区間

ワインレッドの車体がタリス列車の特徴です。

「紅い列車」の愛称で多くの旅人から親しまれているそうです。

タリスも1等席と2等席と分かれております。

今回のチケットは2等席往復1人€130でした。安かったら€35〜で手に入る時もあります。

6年前にブリュッセルーパリ間を利用した時も思ったのですが、指定席チケットを購入しているけれど乗車場所が分かりにくく、どこに自分の席があるのか探すのに少し苦労します。ホームに係員がいたら聞けば早いんですが・・6年前は何となく勘で乗り込んだ車両にたまたま自分の指定席があったのでした。

タリスの車内

電車の入り口に立っている駅員にチケットを提示して乗車します。

サンドイッチの朝食。

当たり前ですが普段乗るNSとは違ってシートも広々として快適な車内、もちろんwifiも使用可能です。アムステルダムからパリの北駅まで3時間18分。ゆっくりとくつろぎながらの電車の旅を楽しむことができました。

アムステルダムーロッテルダム間も約30分。ブリュッセルも約2時間。早い〜

電車でこうやって安くで簡単に隣国に行けるのは本当に便利!特に高速列車のタリスを使えば移動時間も短縮できます。

乗車中はチケットの確認が1度ありましたが、パスポートは確認されませんでした。

出発したアムステルダムは快晴でしたが、ブリュッセルを経由し、パリに近づくにつれてどんどんと曇り空が広がって行くのが見えます。

パリに到着

10時17分にアムステルダムを出発して、時間通り13時35分にパリの北駅に無事到着。

そして地下鉄に乗り、今回の滞在先であるAirbnbのアパートがある第15区へ。

荷物を置いて早速近くの散策へ。歩いて15分の所にエッフェル塔。

空はどんよりと曇り空。なんとか耐えて欲しかったものの、ついに雨が降り出してきました。

一時かなりの大降りになりもう宿に戻ろうかとしていましたが、少し雨がおさまったのでもう少し頑張って歩くことに。

雨のために、エッフェル塔に出没する多数の物売りの人達も活動休止で姿は見えませんでした。そして雨が止むと続々と登場。

エッフェル塔も曇り空だとただの鉄塔にしか見えない。

パリ初日の夜は、スーパーで惣菜とワインを購入して夕食をすませました。

キッシュ、ラザニア、チーズ。スーパーの惣菜もチーズも意外といい値段します。でもレストランだともっと高いんだろうなぁ。

雨のため、夜景を見るのは明日以降に。。。

明日は晴れると良いなぁと願うものの、天気予報では雨なので美術館へ行くことにしました。

パリ旅行1日目 終了。

つづく。



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク