ブリュッセル旅行記〜美味しいオススメグルメ編〜

ベルギーと言えば、ワッフル、チョコレート、ムール貝にビールなどなど美味しい食べ物がたくさん!グルメを満喫するには最適な美食の国です。

ベルギーワッフル、ベルギーチョコレート、ベルギーのムール貝などなど街を歩いていると色んなお店の食べ物の誘惑がものすごくて、ついついお店を覗いてみたくなります。

ショーウィンドウに並ぶスイーツ

ブリュッセルの観光の中心地には驚くほどに数多くのレストランが並び、どのレストランで何を食事べようか迷ってしまうほどです。

女3人の1泊2日のブリュッセル旅行で味わった美味しいグルメ録です。

ベルギーワッフル

ベルギーと言えば、私が真っ先に思い浮かぶのが「ワッフル」今回のブリュッセルの旅で、ブリュッセルに到着後に最初に食べた物がここのベルギーワッフルです。

グラン=プラスの近くで行列が出来ていたので人気店なのかな?と思い、お腹が空いていたので早速ワッフルを買って食べることにしました。

ずらりと並ぶ美味しそうなワッフル。クリームたっぷりでとっても甘そう。見てるだけでお腹いっぱい!

ベルギーのワッフルは、生地自体の甘さは控えめなのでフルーツや生クリームなどをトッピングして食べるようです。

いちご好きな友だちが選んだ「いちごとクリームのワッフル。チョコレートソースがけ」

美味しいけれど、生クリームにチョコレートソースがずっしりと胃に乗っ掛かります。昔みたいに甘い物はもう食べられない〜。そんな事を痛感しつつも、ベルギーワッフルを堪能。3人でシェアしてちょうど良い大きさでした。

値段はシンプルなワッフルは€1、トッピングの種類や大きさによって€3〜7と様々です。翌日にシンプルなワッフルをお土産に買って帰ったのですが、もちろん焼きたてをその場で食べるベストですが時間が経ってから家で食べても美味しかったです。

<Los Churros & Waffel>

お店のホームページ→http://www.loschurros.com/

ベルギーフリット

甘〜いワッフルを食べた後は、なにか塩っ気がある物が食べたくなってきました。道ですれ違う観光客の中にフリットを片手に食べながら歩いている人を見かけると、ベルギーのフライドポテトが食べたくなってきました!

ベルギー名物なので、ワッフル店なみにフリットのお店も探せば至る所にあるだろうと思いながら探すものの、なかなかお店が見当たらない。便利なグーグルマップで中央駅近くでヒットしたお店へ行ってきました。

「スペシャルソースのフリット」€4

メニューも様々で、フリットのソースもタルタルソースやカレー風味など種類もたくさんでした。

メニューにマヨネーズ、ケチャップ、玉ねぎと書かれていたので、てっきり生の玉ねぎのみじん切りがトッピングされてると思っていたら、まさかのグリルされた玉ねぎでした!この組み合わせは初めてで珍しいなぁと思いながらあっという間に完食!美味しかったです

本場のムール貝

本場の美味しいムール貝を求めて、大人気のレストラン「Chez Leon(シェ・レオン)」へ。創業1893年でガイドブックやインターネットに必ず載っている「ブリュッセルでムール貝を食べるならここ!」と言われるほどの超有名店。

夕食時に予約なしでお店に行ってみましたが、平日だったのか混んでおらずすんなりと席に案内してくれました。(週末やバケーション時期は予約した方が良さそうです)日本人の観光客も多く、店内ではあちこちから日本語が聞こえてきました。

ドリンクを注文し、しばらくするとドリンクと一緒にパンが運ばれてきました。パンもバターにつけて食べると美味しい〜。

Chez LEONオリジナルのビール&Georges pils

レストランのオリジナルビール”Chez LEON”はスッキリ飲みやすいビールでした。ムール貝をはじめとするシーフードのメニューにぴったりの味。

フレンドリーなウェイターさんがオススメしてくれたのがこちらのフルーティーなビール。「これはビールなの?」と思う程に甘い香りが漂うジュースのようなビールでした。

Liefmansのフルーティーなビール

そしてメインのムール貝はびっくりする程に大きな鍋にたっぷり入って運ばれてきます!食べきれるのか心配になるけれど、意外と食べれちゃう!そしてムール貝にはもれなくフライドポテトもついてきます。

ムール貝のワイン蒸し。ムール貝の実はふっくら大きくてプリプリしていて美味しい!セロリの風味がきいたスープもとても美味しい!前菜に出てきたパンをムール貝のスープにつけて食べるとさらに美味しかったです〜!!

食べる時はてづかみで!ムール貝の殻で実をつまんで食べていき、最後は殻をスプーン代わりにしてスープを飲みました。

スタンダードなスペシャルの味(セロリ・玉ねぎ・バター)の他にもクリーム味、カレー味の様々な味付けも楽しめます。ムール貝のワイン蒸しの他にもムール貝のスープにグリルなどムール貝のメニューも充実していました。

他にもベルギーの郷土料理やコロッケ、パスタ、デザート等、メニューの種類も豊富です。

イカ・海老・ムール貝のフライの盛り合わせ

カキ

魚介がとても美味しく、値段もそんなに高くないので気軽にベルギーのグルメを味わえるレストランだと思います。

お腹いっぱい食べてビールも飲んで1人€20ぐらいでした。オランダではありえないー!

<Che Leon 基本情報>

レストランのホームページ→http://www.chezleon.be/en/

住所:Rue des Bouchers 18 1000 Bruxelles
営業時間:11:30~23:00 (平日) / 11:30~23:30 (金曜 ・土曜)

Chez LEONがあるIlôt Sacré(イロ・サクレ)地区は、狭い石畳の路地にオープンテラスのレストランが並び歩いているだけでもヨーロッパな雰囲気を感じられる場所です。

ですがこの辺りはレストランの客引きもすごかったです。通るだけで何かしら声をかけられます。観光客向けのぼったくりレストランもあるようなので、レストラン選びは慎重に。€10以下のムール貝の看板を掲げたレストランもありましたが、絶対美味しくない  or とびっきり少ないかのどちらかだよね〜と友人と話して通り過ぎました(^^;)

ベルギーの郷土料理

2日目のランチは天気が良ければお外でピクニックする予定でしたが、あいにくの曇り空で風が寒く感じるので外でのピクニックは断念。帰る前の最後の食事はやっぱりベルギーのムール貝で〆ようと言うことでレストランへ。

大きな鍋にたっぷりのムール貝(フライドポテト付き)

こちらもセロリがたっぷり。前菜のパンにスープを浸して完食!

そしてベルギーの郷土料理「カルボナード・フラマンド(Carbonade flamande)」

カルボナード・フラマンド(Carbonade flamande)

牛肉をビールで煮込んで、とろみと甘みをつけたベルギーの郷土料理の1つです。見た目はビールシチューのようですが、柔らかい肉に甘みとコクがあるソースでとっても美味しかったです。

ムール貝やベルギー料理の他にも肉厚のステーキやハンバーガーのメニューもあり。

メニューを見るとベルギー料理にはベルギーの国旗が分かりやすく記されているので、観光客にも分かりやすいと思います。

外側にはテラス席もあるので、夏場や天気が良い日は目の前の広場でストリートミュージシャンの音楽を聞きながら食事を楽しめます。

<Brussels Grill Restaurant 基本情報>

レストランのホームページ→http://www.brussels-grill.be/

住所:Avenue de la Toison d’Or 6 – 1050 Brussels
営業時間:10:00~23:00 (平日) / 10:00~00:00 (土曜 ・日曜)

ベルギーチョコレート

ベルギーを代表するチョコレート。日本でもGODIVA(ゴディバ)やLeonidas(レオニダス)などベルギー産のチョコレートブランドを味わうことができます。

ブリュッセルのグラン=プラスの一角にあるGODIVA本店

ブリュッセルの街を歩いていると有名チョコレートショップをたくさん見かけ、ショーウィンドウに並ぶチョコレートを覗くだけでは物足りず、ついついお店の中へ入りたくなります。

小さなチョコレートやお菓子や可愛らしいデコレーションを眺めているだけですが、不思議と心がときめいてきます。

ブリュッセルでは「Mary」「Neuhaus」のチョコレートを食べましたが、どちらも美味しくてベルギーのお土産にぜひオススメしたい絶品チョコレートでした!

Mary

写真のチョコレートを1枚試食に貰いましたが、塩キャラメル味のチョコレートが美味しかったです〜。他にもお店には美味しそうなチョコレートがたくさん!

店内で見かけた他の日本人のお客さんの話をチラッと耳にしたのですが、「Mary(メリー)」は日本には未上陸で、ベルギーでしか手に入れる事ができないチョコレート。 日本にもMary’s(メリー)というチョコレートメーカーが存在するので、日本では「Madame Delluc(マダム・ドリュック)」と言う名前で知られているようです。

マリー・ドリュックはMaryの創設者の名前であり、Maryは1919年に創業されベルギーで最も古く1942年にベルギー王室御用達の称号を授与されました。王室だけでなく地元の人からも長年愛されているチョコレート。

パッケージが可愛いチョコレートもあり、お土産に持って帰ると喜ばれそうです。

Maryのホームページ→http://www.mary.be/en/

Neuhaus

Neuhaus(ノイハウス)は1857年に薬と菓子を商う店として創業しました。

薬と菓子・・・?妙な組み合わせだなと感じますが、当時はチョコレートの原料であるカカオは、薬と同様に扱われており、一般の菓子店とは区別され薬剤師のいる店に置かれていたそうです。こちらもベルギー王室御用達に認定されているチョコレートブランド。

今ではどこでも売られている一口サイズのチョコレートは、1912年に3代目ジャン・ノイハウスが一粒チョコレート菓子「プラリネ」を世界で初めて開発したのが始まりだそうです。

Bon Bons

“Bon Bons”という名のキューブ型のチョコレート。こちらも試食してみて美味しいと思いお土産に購入しました!甘すぎず、一粒でも満足感が得られる味わい!

Neuhausのホームページ→https://www.neuhauschocolates.com/en/

ベルギー土産にぜひ自分のお気に入りのチョコレートを探してみてはいかがでしょうか〜♪

やっぱり美味しいHäagen-Dazs(ハーゲンダッツ)

ハーゲンダッツはアメリカのアイスクリームですが、ブリュッセルの街を歩いているとハーゲンダッツのカフェを発見!グラン=プラス近くのギャルリー・サンテュベールの入り口にあるりました。
通常のアイスクリームに加え、色んなメニューがありベルギーらしくチョコレート系やワッフルとハーゲンダッツの組み合わせもありました。

Cheesecake Addiction

バニラと塩キャラメルチーズケーキのアイスクリーム&キャラメルソース。そしてたっぷりの生クリーム。

外のテラス席に座り景観を眺めながら頂くスイーツは格別。ハーゲンダッツのアイスクリームはやっぱりどこで食べても高級感がある味で幸せ気分にさせてくれました♪


今回の小旅行で食事をしたレストランやカフェは全てブリュッセルの中心部グラン=プラス周囲の中心部にありました。小便小僧といった観光地やショッピングエリアも近く、ベルギーグルメを堪能しつつ街歩きや観光も満喫できて、ブリュッセルは旅を楽しめる魅力が凝縮された街でした!

ぜひベルギーを訪れた際は、美味しい名物料理の数々を楽しんでみてください。



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク