オランダ生活に欠かせない!癒しを与えてくれる我が家のお花

img_2230.jpg

オランダの家を見て感じたこと。

窓が大きい!!

中には自分の身長よりも大きい窓があります。

こんなに大きくて耐震とか、イタズラとか不安にならないのかなと思いますが、そんな心配はオランダ人は誰もしていません。

そして多くの家はカーテンをしめません。
たとえリビングが通りに面していようが、人通りがあろうが、カーテンは閉めない家が多いです。

なので通りを歩いていると覗くつもりはないのですが、たまに部屋が見えるんです!

さすがは花大国のオランダです。多くの人が窓辺に可愛らしいお花を飾っています!

img_3111.jpg

家の中、窓辺、家の外などお花が溢れています

そして中には見せる為に窓辺にきれいな小物やお花で綺麗に飾ったり、窓の前を通る人を楽しませてくれるようなアイデアを持っている人もいます。見ていると皆さんインテリアには凝っている感じがします。(あんまり堂々と写真を撮れないのが残念です)

カーテンを開けた方がたくさんの明かりを部屋にとりこめるので、今では私もあんまり気にならなくなってきました。まぁ誰もこの部屋をまじまじと見ていないだろうと思っています。

花を生活に取り入れているオランダの花文化に感化され、私もお花を窓辺に飾っております。

お店で可愛らしいお花を目にする度に、手に取っては眺めて、値段もお手頃なので買ってしまうパターンが多いです。

そこで我が家の家族の一部でもある窓辺に飾っているお花と家庭菜園の紹介です❤︎


<Kalanchoe/カランコエPrimula/プリムラ>

img_3084.jpg

右)カランコエ 左)プリムラ

カランコエは熱帯が原産の多肉植物で乾燥に強いく、冬から春に美しい花を咲かせます。日光を好むので日当たりの良い明るい場所で育てます。多湿を嫌い根が細く根腐れを起こしやすいので、水のやりすぎには注意。

花言葉・・・あなたを守る、おおらかな心

プリムラは寒さに強い宿根草で、花は晩秋から初夏まで咲き続けます。プリムラの種類は豊富で私が飾っているのはプリムラ・マラコイデス。小輪多花性で花色はピンク、薄紫、白などがあり次々に伸びる花茎に段上に花をつけます。

用土の乾燥を嫌い、開花期に水切れを起こすと花が傷みやすいので、用土の表面が乾いたら早めにたっぷり水やりをします。

花言葉(種類別、色別にあるそうです)マラコイデス種の紫色は・・・素朴、信頼

<観葉植物・ボンセレンシス>

img_3131.jpg

縞模様が素敵な希少種です。独特な形をしているのがお気に入り。水やりも月に1〜2回程度で寒さ、暑さ、乾燥にも強く育てやすい植物です。Hyottokoが今住んでいるアパートに引越しして来たときに、友人からもらったそうです。

<Cactus/サボテン>

img_3098.jpg

小さくて可愛いサボテン3兄弟です!

<Parsley/パセリ>

img_3085-1.jpg

半月前に種をまき、芽がでてきてすくすくと成長しております。ホームセンター等で売っている栽培キットで栽培に挑戦です。

<Bean sprout/もやし>
img_1788-1.jpg

もやしはオランダ語でTauge(タウゲ)と言います。5〜7日で収穫でき育てやすいです。育ちすぎると葉っぱが生えてきますが、問題なく食べれます。

img_3086-1.jpg

左) Bean sprout/もやし (とりあえず土に植えるまで、空き瓶で育てています。)

中央) Venkel/フェンネル →スーパーのおまけで貰ったミニ栽培キットです

右) Basil/バジル (水耕栽培で根を生やし中)

<Rockt/ロケット>

img_3105.jpg

ロケット、別名ルッコラのスプラウト栽培。ロケットの成長は早く1日で芽が出てぐんぐん立派に育っていきます。しかも簡単なので、初心者の方でも育てられます。サラダやサンドイッチに入れたりと大活躍です。

こちらのスプラウト栽培キットはオランダの雑貨屋さん「Dille & Kamille」で購入しました♪


やっぱり部屋にお花があると雰囲気が変わり、生活に潤いを与えてくれ心を癒してくれます。気がつけばこんなにたくさんのお花や植物に囲まれて生活していました!

しかも少しずつですがお花や植物の育て方にも詳しくなってきた気がします。今は窓辺の限られたスペースでの栽培ですが、日々成長 していく姿を見ては楽しんでいます^^

img_3132.jpg

お花っは部屋に飾るだけでも華やかなんですが、枯れてしまうのも早くなんだか捨ててしまうのはもったいない。そこで花びらを乾燥させてドライフラワーやポプリを作るとお花を再び楽しむことが出来ます。

これからも大好きなガーデニングを楽しんでいきたいと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク