オランダ東端の街「Enschede(エンスヘーデ)」

オランダの東端にあるEnschede(エンスヘーデ)へ行ってきました。

Enschede(エンスヘーデ)はオランダの東オーファーアイセル州にあり、ドイツとの国境にも近い街。もうほぼドイツ。

この街の名前、何と発音するのかはっきしませんが、エンスヘーデ、エンスヘデ、エンスヘデー等、色んな呼ばれ方があるそうです。

エンスヘーデのRijksmuseum(国立美術館)

美術館の入り口に大きな石。

こんな所にあるので、何か特別な石に違いない。文字も印されています。

1928年に誰かがここに持ってきたらしい。

この石の秘密は→Mysterie opgelost: Waarom ligt er een grote kei voor het Rijksmuseum?

この大きな石はこの美術館にプレゼントされたようです。28トンあるようです。どうやって運んだのか。

そう言えばAmersfoort(アメルスフォールト)にも巨石がごろごろしています。石をプレゼントって昔はどこでも行われていたのでしょうか??

Amersfoort(アメルスフォールト)で巨石巡り
オランダの中心部に位置する都市Amersfoort(アメルスフォールト)は別名「Keistad/石の町」と言われており、町の歩道にはいくつか...

美術館の向かい側には教会。

小さな穏やかな街です。

セントラムの方には、ショッピングストリート。どこの街でも見かけるお店がたくさん並んでいます。

セントラムにあった広場の噴水。

壁に描かれたアート

街をぶらぶらしている時に見つけました。

街の中心に建つGrote Kerk

この教会の周囲は広場、カフェやレストランのテラス席が広がっています。

セントラムの中心に建つもう1つの教会St. Jacobuskerk

通りすがりに裏側から。

駅前ではスケートボードの練習

エンスヘーデ駅。駅前にも大きな石がありました。



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク